雑学の世界  

  「雑学の世界・補考」トップに戻る

 
「心中」考
近松門左衛門 / 邦楽と心中近松「心中物」曽根崎心中近松の浄瑠璃死の道行道行き曽根崎心中1曽根崎2曽根崎3曽根崎4文楽曽根崎心中心中天網島1天網島2天網島3天網島4心中天網島と「卍」近松諸話時代物と世話物
死生観他界観 / 死生観1死生観2死生観3死生観4死生観5生と死と麻生副総理の死生観
有島武郎 / 情死事件有島武郎1小さき者へ有島武郎2
太宰治 / 情死事件鎌倉情死事件玉川上水情死事件心中考やんぬる哉太宰治情死考波乱の人生人間失格津軽お伽草紙
諸話 / 今戸心中鳥辺山心中南地心中心中島原心中心中浪華の春雨湯の町エレジー坂田山心中天城山心中
日本の美意識 [1]
物のあはれ荘子と俳諧荘子気の思想と心の文化往生芭蕉の俳句涙の語り無常観京の雪能の雪草木成仏化粧役者の一生花菖蒲八つの日本の美意識陶芸の探求花むしろ花いかだ未完の美私達は何も知らない外から観た日本ジャポニスム環境デザイン「いき」matohu(マトフ)現代の浮世絵師償いのデザイン重層化する美意識「もの」を創る物のあはれと雅本居宣長日本的なるもの武士道化粧で装う化粧の比較文化史日本の化粧史1口紅口紅史美容のルーツ化粧史2化粧史3小泉八雲の見た日本日本人的なる表情菊と刀日本人とは日本的革命の哲学日本人雑話かなしみの哲学日本人と色彩自動車色の変遷自動車カラートレンド日本車外国車の色芸者の化粧の謎情けは人のためならず
日本の美意識 [2]
「いき」 / 「いき」の構造偶然の産んだ駄洒落九鬼周造の随筆九鬼周造「いき」の構造書評九鬼周造における偶然性と宗教
「求道」論 / 世界と国家と人生道の場所神道仏道儒道武士道町人道芸道哲学の道政道道の思想形道の思想基道の思想道筋道の思想求道道の思想修道道の思想道義一欠片の道義心
諸説 / 浮世絵の曲線祇園の道案内「こんなこと」修行考尚武の民大和の国の和の文学瓦の歴史注連縄雪女大歳の客見るなの座敷瓜子姫松浦佐用姫産女の礼物八百比丘尼三枚のお札鶴女房大歳こけし
百人一首
東国風土記
東北北海道 / 北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東 / 茨城県栃木県群馬県埼玉県東京都千葉県神奈川県
日本の伝説 / 咳のおば様驚き清水大師講の由来片目の魚機織り御前御箸成長行逢阪袂石山の背くらべ神いくさ伝説と児童伝説分布表廻国雑記(室町時代)蝦夷地と近世大阪
西国風土記
中部 / 静岡県山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県岐阜県愛知県  中山道歌枕古代三関
近畿 / 三重県滋賀県京都府奈良県和歌山県大阪府兵庫県
中国 / 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国 / 徳島県香川県愛媛県高知県
九州 / 福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県
茶の湯文化
茶の本茶の湯文化日本茶茶道茶の湯史静岡茶漆器陶芸会津塗の歴史最後の御茶壺道中中国茶の歴史
茶道用語
昔の女性
晋書列伝列女孟郊の列女操日本の女性史概観平安女性の雑説細長理想の女性像権力発揮した平安女性平安女性は元気平安の女房1平安の女房2女性髪の歴史鎌倉時代の女性の生活
日本史の女性 / 卑弥呼大闇見戸売神功皇后推古天皇斉明天皇額田姫王持統天皇元明元正孝謙天皇紫式部と清少納言源平の女性北条政子檜皮姫葛西殿静御前日野富子諏訪御料人淀君北政所ねね細川ガラシャお豪小松春日局たま中野竹子和宮親子八重幾松中山慶子与謝野晶子樋口一葉クーデンホーフ光子川上貞奴
諸話 / 売春文化の始まり家制度の成立と歴史遊女考吉野伝色道大鏡吉原ガイド女の器量傀儡女の登場
神事相撲
相撲文化史1相撲文化史2野見宿禰相撲神事相撲神事相撲は神事古代相撲相撲甚句朝青龍八百長八百長騒ぎ八百長は文化相撲諸説一本刀土俵入り俳句短歌川柳狂歌
童歌 (わらべうた)
大和魂
口説き・盆踊り唄 /天城 /冥途 /姥捨て山 /やまとうた・定家 /心・情・意 /目は口の代わりになるか /浮気不倫 /利休最後の手紙 /茶の湯と信楽焼 /利休七則・道歌 /焼物用語 /焼物 /作家・作風 /鍋島焼 /波佐見・くらわんか /和菓子 /喫煙雑話 /加賀屋女将 /角隠し /お正月・初詣 / 七夕 /お買物 /着物 /足利銘仙 /上布 /古色 /きもの小史
 


楽しく生きる言葉・思ったことを言葉にする・殺し文句
玉手箱の補考


 
 
 
 
  最終校正 2019/04/06  
● 雑学の世界・その周辺について、独断と偏見で色々調べました。
  
興味関心が湧いたら、本体・周辺・関連・故事来歴を調べ、読んで楽しみファイルして忘れます。
  忘備録・資料のファイルロッカー部は、興味趣味で収集した情報です、多くが未整理です。
[1.2.3...] と項目に数字がある場合は、主題が同じでも、出典が異なることを表しています。
  重複した内容ですが、論点や情報密度が異なるので、載せています(折をみて整理します)。
内容の正否・適否・著作権等の検証はしていません、引用・転用には不適なものです。
宗教信仰・学芸に関る情報は、宗派・流派により解釈の異なる内容が混在しています。
しおり代わりの写真は本文のイメージ化のためで多くが無関係です。