雑学の世界  

  「雑学の世界・補考」トップに戻る

 
日中関係史
総論東アジア世界における日中関係史7世紀の東アジア秩序15-16世紀の日中関係思想宗教の伝播中世日本の中国銭経済美術史日中の相互認識江戸期日本の中国認識政治社会構造の比較近現代史総論近代日中関係の発端対立と協調日本の大陸拡張政策と中国国民革命運動満洲事変から日中戦争日本軍の侵略と中国の抗戦日中戦争と太平洋戦争漢奸第二次上海事変
東アジアの中の日本
中日姓名の比較東アジアの中の日本転位する日本画韓国文化歴史と日本アジアと日本諸説旧満州における日本町中日農村の比較日印関係と宮沢賢治の菜食主義韓国における日本研究中国史のなかの日本像漢学から東洋史へ教科書問題植民地朝鮮歴史学中国思想史東アジア冊封体制中世日本日本辺境論日中の時間観念日中の礼法観念比較韓国現代史在日朝鮮人東アジア経済共同体創氏改名の意味朝鮮の姓東アジアの家父長制日韓関係雑説
外交雑話2014 / 習近平の内憂外患中越関係米国不在で中国が存在感中国の「三戦」広報戦略日本とカンボジアの距離ベトナム国内で中国を訴えよ中国とロシア
日韓関係史 / 概観高麗李氏朝鮮の対馬侵攻文禄慶長の役秀吉朝鮮出兵の諸説1諸説2諸説3
中国・戦略的互恵関係
戦略的互恵関係復交三原則共同声明1972条約1972友好宣言1988黒字倒産しそうな中国ノーベル平和賞互恵関係の終焉中国人「大げさ」なものを言い中国人「自己中心」中日関係と相互理解中国から見た日本中国政治の統治文化共産党4世代指導者毛沢東情結と北京情結中国対外経済政策江沢民と胡錦濤中国の光と影中日の政治文化と国際戦略習時代の日中関係尖閣諸島
ナショナリズム
ナショナリズム / ナショナリズム1考察国民主義日本ナショナリズム2近代国家の形成ナショナリズムと近代3ナショナリズム4聖なるもの日中韓を振り回すナショナリズム・・・ナショナリズムの台頭ファシズムナショナリズム
国家主義 / 国家主義国家社会主義ドイツ労働者党オランダ国家社会主義運動シャルル ドゴールカタルーニャインド日本経済国家主義の諸相右翼と左翼超国家主義論・・・
国民主義 / 「国民主義」の問題天皇と「国民主義的ナショナリズム」明治ナショナリズム「国民主義」近代の音楽
民族主義 / 民族主義右と左と民族主義日本中国韓国1韓国2韓国3三民主義民族主義と少数民族
愛国主義 / 愛国主義ナショナリズムと愛国主義愛国心中国の愛主義的行動中国のおかしな愛国主義教育愛国主義教育実施綱要
国粋主義 / 国粋主義平田国学「万国の本国」国粋主義と中華崇拝志賀重の国粋主義「日本会議」・・・
ポピュリズム(大衆迎合主義) / ポピュリズム衆愚政治の恐怖現代ポピュリズムの諸相現代日本の諸相逆進する世界の民主主義・・・
保守主義 / イギリスアメリカ日本宗教的観点新保守主義アメリカの歴史新保守主義の歴史自由主義初期の自由主義自由主義のパラドックス
自由主義と国民主義の歴史 / 自由のための戦いウィーン会議ウィーン体制とその動揺七月革命とその影響イギリスの諸改革社会主義思想の成立二月革命とナポレオン3世二月革命の影響 / 自由主義と国民主義イギリスのヴィクトリア時代イタリアの統一ドイツの統一ビスマルク時代の国際関係フランス第二帝政と第三共和政ロシアの改革ロシアの南下政策と東方問題北ヨーロッパ諸国国際的諸運動の進展 / アメリカ合衆国の発展民主主義の発達と領土の拡大奴隷制度と南北戦争南部の再建大西部の開拓と工業の発達 / 19世紀のヨーロッパ文化文学美術と音楽哲学と人文社会科学自然科学と技術地理上の探検
西洋文明
15世紀 ルネサンス / 42行聖書博物誌キリストに倣いてラテン語聖書自然学著作集幾何学原論ポリクロニコン神学大全物の本質について神の国ニュルンベルク年代記プトレマイオスの天文学大全
16世紀 新しい世界観 / 建築についてプラトン全集新科学天体の軌道について人体の構造について哲学及び幾何学の卓越せる全集金属について世界地図帳随想録東方見聞録
17世紀 近代科学への船出 / 星図大改革戦争と平和の法ルドルフ表世界2大体系についての対話方法叙説動物発生論リヴァイアサン空気に関する物理力学的新実験外国貿易によるイングランドの財宝神学政治論真空に関するマグデブルクの新実験振り子時計自然哲学の数学的原理(プリンキピア)
18世紀 ヨーロッパ市民社会の成立 / ベーコン大著作法の精神エミールフィジオクラシー国富論(諸国民の富)政治哲学論集純粋理性批判化学要論牛痘の原因および効能に関する研究人口論
19世紀 現代への架け橋 / 経済学及び課税の原理意志と表象としての世界法の哲学あれかこれか種の起源資本論夢判断放射線の研究一般相対性原理の基礎
西洋文明 雑話 [1]
キリスト教の象徴十字架神と共に歩む人生神の御言葉を聞く人生賜物を活用する人生万事相働きて益となる人生キリストの恵みを映す人生アリストテレスの学説アリストテレス時間の概念自然から人間へイデアの世界ユークリッド原論1ユークリッド原論2物の本質について1物の本質について2プラトン「饗宴」「ゴルギアス」「クリトン」「ソクラテスの弁明」ホメロス「イリアス」「オデュッセイア」ギリシア神話世界の始まり大地と天の子ゼウスの時代人間の誕生プロメテウスの贈り物4つの時代この空も飛べるエコーとナルキッソスへーローとレアンドロス人はなぜ 働くのか旧約のイエスアウグスティヌス「ペラギウス論争」「神の国」「神のかたち」キリスト物理学のあゆみ17世紀における物理学の形成建築の歴史と方法パラディオと古代建築1パラディオと古代建築2ヴィトゥルヴィウス建築家の誕生古代から17世紀までの科学史身体をめぐる断章パスカルの精神機能パラケルススとアグリコラ鉱床学地球科学と磁石亜鉛黄銅/輝蒼鉛鉱/自然アンチモンモンテーニュ評言東洋の知恵西洋の知恵The Travels of Marco Polo 
西洋文明 雑話 [2]
哲学者たちとバラ十字グローティウス「戦争と平和の法」第一巻第二巻第三巻「献辞」「序論・プロレゴーメナ」ガリレオの判決文ガリレオにおける科学と宗教の問題「方法序説」書評1書評2・・・
科学史雑話 / 大気圧の発見神経生物分類酸とアルカリ細胞説気体呼吸電気と磁気酵素落下運動光合成電子発見遺伝子発見近代原子論化石原子大陸 の移動スペクトル地震原子構造太陽系解明「1m」天気現象研究電気分解とイオン人類の先祖原子は不変か生態系物質文明人間にとって科学とは何か
生物学 / 人と細菌生物学の独自性生命雑話
西洋文明 雑話 [3]
リヴァイアサン書評1書評2書評3リヴァイアサン1リヴァイアサン2ホッブズの思想ホッブズ評価ロックの社会思想ルソーの思想
「自由」論 / 日本本来の自由西洋哲学の自由西洋式「自由」論西洋古代キリスト教ホッブズロックルソーアダムスミスカントヘーゲルシェリングミルフロムハイエクバーリンロールズ西洋「自由」の考察明治以降の自由飜訳された自由穢された自由護られた自由現日本の自由言葉という「自由」
リヴァイアサンの人間論「文化」論スピノザスピノザ「神学政治論」の歴史的背景スピノザにおける資本主義批判自由意志の主体と統治Newton's「Principia」
西洋文明 雑話 [4]
ベーコンの光学思想モンテスキュー「法の精神」ルソー「エミール」1「エミール」2フィジオクラシーとフランス革命スミスに学ぶ経済と倫理人は幸福か近代によみがえる快楽主義カント「純粋理性批判」序論化学の歴史原子論「光・波動」の歴史と科学者中世の動力「水車と風車」産業革命〜フランス大革命人口論経済学および課税の原理1経済学および課税の原理2宇宙の始まり
西洋文明 雑話 [5] (近代・思想と経済)
「雇用/利子/お金の一般理論」[第VI巻]交易サイクル重商主義/高利貸/印紙/消費不足一般理論から導かれる社会哲学ショーペンハウア「イデア」老人論ペシミズムショーペンハウアーと父ゲーテ色彩論お金とマルクス「資本論」の商品「法の哲学」意志論家族/市民社会/国家ヘーゲル法哲学の考察キルケゴールとオルセンキルケゴールの言葉キルケゴール諸説
西洋文明 雑話 [6] (近代・科学)
種の起源人間の進歩進化フロイト1夢分析2夢判断3夢判断4自我とエス5狼男6制止/症状/不安7ナルシシズム8自我と防衛9快感原則10抑圧フロイトと精神分析ダヴィンチの禿鷹空想夢判断/寺田放射線と科学者ベクレルキュリー山田延男ラザフォード放射線雑話アインシュタイン1アインシュタイン2アインシュタインの教育観
相対性理論・諸説 / 理論への疑念理論の誤り1理論の誤り2ビッグバン宇宙やブラックホールは正しいか理論理解の誤り相対性理論と実用性理論の誤り3理論の誤り4GPSと相対性理論GPS原子時計 と相対性理論重力場相対性原理側面観理論の誤り5
現代西洋諸説
社会主義とソヴェト経済覇権と国際秩序冷戦体制解体と東アジア中国 とグローバル経済21世紀のアメリカと中国9/11恐怖襲撃プーチンのロシアアタチュルクと現代トルコ欧州通貨統合ケネディと公民権法案社会資本とソーシャルキャピタルネオリベラル型グローバリズム宥和と抑止アメリカ孤立主義グロ−バル経済と新興市場21 世紀イノベートアメリカ2010年外為市場アメリカ競争力法平和のための思想潮流グローバル社会の共和主義ブッシュの単独主義外交アラブ諸国の宗教とナショナリズム欧米政治の近代から現代アイルランド義勇軍ブルツクスのロシア革命論副大統領ウォーレスユダヤ系アメリカ人のアイデンティティポスト冷戦時代のグローバリズム再考サイエンスウォーズ歴史とは何か文化のリアリティ歴史主義の貧困民主主義の天使アメリカ知識人の思想オリエンタリズムペレストロイカもうひとつの声
「資本論」
氏素性 /日本人取扱説明書 /敵の敵は味方 /日本韓国の歴史認識 /名言と迷言
 


楽しく生きる言葉・思ったことを言葉にする・殺し文句
玉手箱の補考


 
 
 
 
  最終校正 2018/12/26  
● 雑学の世界・その周辺について、独断と偏見で色々調べました。
  
興味関心が湧いたら、本体・周辺・関連・故事来歴を調べ、読んで楽しみ、ファイルして忘れます。
  忘備録・資料のファイルロッカー部は、興味趣味で収集した情報です、多くが未整理です。
[1.2.3...] と項目に数字がある場合は、主題が同じでも、出典が異なることを表しています。
  重複した内容ですが、論点や情報密度が異なるので、載せています(折をみて整理します)。
内容の正否・適否・著作権等の検証はしていません、引用・転用には不適なものです。
宗教信仰・学芸に関る情報は、宗派・流派により解釈の異なる内容が混在しています。
しおり代わりの写真は本文のイメージ化のためで多くが無関係です。