キャッチコピーのない広告

時代 時 今に迎合 キャッチコピー 
ゆとり教育で育った スマホ片手の世代 
スマホに無縁 ジジババ世代 
 
受け手 世代の二極化時代 
コピーライター端境期 
「説明文」がキャッチコピー


 
時代 時 今に迎合 キャッチコピー 
ちょとだけ夢が加えられれば グッドコピー
  
電車を待っている構内 
時間つぶしの車内中吊り広告 
街中で目にするポスター
  
コピーの発想を考える 
楽しい時間
  
優れた商品製品です 
性能で売る 
便利さで売る 
価格で釣る
  
素晴らしい企業です 
信じてください 
「駅と未来に近いビル」
  
楽しい時間を提供します 
旅のお誘い 
「富士山の名画に出合えるひととき」 
「記憶にも写真にも残したい都電に乗って懐かしい未来へ」 
  
安心を約束します 
保険屋さん
  
お金増やします 
金融商品販売 
「世界にただひとつの物語をつくりませんか」
  
お金貸します 
消費者金融・カードローン 
「お客様の力になれたら それが私たちの励みです」
  
タイムセール 
衝動買い 
「暮らしを感動に変えます」
 
 
 
「マナーはココロ」 メトロのキャンペーン 
毎回素晴らしいイラスト 
コピーは ちょっと硬め
 
キャッチコピー (キャッチフレーズ) 
商品や映画、作品等の広告など、何らかの告知や宣伝に用いられる文章、煽り文句である。1文、1行程度のものから、数行に亘る物まで数多くのキャッチコピーがある。商品広告や宣伝においては、キャッチフレーズが商品の印象を決め、その出来不出来が商品自体の売れ行きすらをも左右する要因として重要視される。キャッチコピーは和製英語で、正しくは "advertising slogan" もしくは "tagline(タグライン)" 。日本語では惹句とも呼ばれる。職業としてキャッチコピーを創作する者をコピーライターという。  

 
2014/2