復興 街の再起 第二東北道を作ろう

復興への提案 
被災者の大変な思いに添えない提案かもしれません 
1000年に一度なら 元の所での街の再起がベストかもしれません 
でも提案します 
 
常磐道を延長して第二東北道を  
太平洋沿岸に沿って内陸部寄り 5-10Kmに平行して作ります 
沿岸市町村から西に向かう道と 第二東北道との交点を 復興の新市街とします 
沿岸に残す機能は 漁港・流通の岸壁海路利用の産業施設に特化します 
新市街と沿岸市町村の中間地点に 水産加工業や流通拠点を移設新設します


 
雇用の確保 
第二東北道の新設 
道作りが最も簡単で大きな雇用を生みます 
過去の歴史が証明済です
  
  
 
復興の効率 
新市街なら整地だけですみます 
がれきを取り除く時間が不要となります 
先ずは仮説住宅街から
 
 
通勤 
5-10Kmなら漁師さんの通勤時間20分 加工業者さんの通勤時間10分 
住まいの景観を除けば我慢していただけるでしょう
 
ライフライン 
沿岸市町村から西に向かう既存の道沿いは 
本来 電気ガス水道通信 いずれの環境も近くを通っています 
沿岸から遠くなって問題は下水?
 
 
 
 
 
  
  
漁港 水産業 
沿岸部は 漁業施設の再興に特化して復興しましょう 
多くが地元の基幹産業
  
  
水産加工業 
新規工場は新市街と漁港との中間くらいに移動
  
海路頼りの流通関連 
効率は多少悪くなっても 
新規流通拠点はちょっとだけ内陸寄りに移動
 
 
  
海路頼りの重工業 
原材料の輸送コストがかかっても  
新規工場はちょっとだけ内陸寄りに移動
  
  
新市街 
住宅と商業の新しい街づくり 
仮設住宅街からの新市街への移行
  
交通手段 
新市街から沿岸市町村間では 
10年間 無免許相乗り格安(往復100円?)同乗システムを導入 
高齢者へは往復100円チケットを行政からばら撒いては
 
介護の街・蓮台野創り 
現実問題として高齢者地域です 
新設施設を充実し 次の高齢者世代も持続的に受け入れる地域にしてはどうでしょう 
蓮台野という歴史もありました 
将来は施設とサービスを生かして 全国からお年寄りを受け入れましょう
  
漁業農業林業の兼業 
副業の組合せの選択肢が増えるかもしれません
  
第二東北道 
将来の 新しい三陸・観光ルートが生まれます 
昔 四車線無信号 車を見かけない広域農道とやらを走ったことがあります 
広域農道広域林道でもかまいません作りましょう
  
労働集約型産業 
東南アジアへ転出した単純労働・労働集約型産業を10年間期間限定で呼び戻しましょう 
能力依存度が低く簡単な雇用創出になります 
(収入単価は低くても我慢してください)
  
場所にこだわらない産業を誘致しましょう 
ITソフト開発 ネット通販 ネット発信 コールセンター等 
先端分野がいっぱいあります  
地域の若返りに貢献できます

 
2011/4