「年齢・性別不問」ハローワークのお遊び

ハローワーク求職PC検索の非効率 
年齢・性別不問は非効率の極みです 差別防止ではなくて偽善そのものです  
求職者に無駄な時間を強いています 
 
キャッチコピーで予防線がはられています 
「多くの若者ががっばっています」 年寄りは採用しません 
「30代の女性が主役の職場です」「来客応対」 男性は採用しません 
 
私も高齢者 予防線の意味が理解できるようになりました


  
求人側の求める人物像を具体的に情報化しましょう 
年齢・性別不問などと嘘の情報が求職情報を混乱させています 
求人側は本音の条件でしか採用しません
  
「性別」の検索条件が有効なだけでも 
ハローワークPC稼働率は倍になります
  
「年齢」の検索条件が有効なだけでも 
ハローワークPC稼働率は何割か改善できます
  
ハローワークはPCの大量導入が目的なのでしょうか 
職員の仕事確保のために情報操作をしているのでしょうか 
「年齢・性別」明示で 職員の求人側への紹介電話も大巾減になるでしょう
  
IT時代に合った情報提供が全てに優先させるべきでは? 
子育て支援ではありませんが 
元気な高齢者採用企業への支援もひとつの方法です 
少子高齢化での働き手不足の延命効果も生まれるでしょう
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

 
2010/6