コピペ礼賛

Copy & Paste 
私にとってのコピペ (嫌いな語感の言葉です) 
 
興味がわいたら先ず調べる 
Net は情報の宝庫です 
おなじテーマを丁寧に検索 コピペで保存 
 
興味趣味を膨らませ保存情報を楽しみます


 
このHPの忘備録・資料・ファイルロッカー部情報
多くが興味趣味で収集したNet上の情報です 
内容の正否、適否、著作権等の検証はしていません (未整理) 
引用・転用には不適なものです
 
専門図書は減りました 
立ち読みの楽しみもなくなりました 
買うとなると高価なものばかりです
 
興味趣味を膨らませ保存情報を楽しみます 
要約したり不要な部分を削除します 
繰り返すうちに知識となります 
知恵となります
  
 
忘れないよう 
必要なときに見るため 
整理したものを忘備録・資料・ファイルロッカー部に保存 
もったいない知識の財産目録
 
 
整理過程も楽しめます 
情報が原文か回りめぐっての転載か 
出典にたどり着けるときもあります 
Net上の情報は見る人の自己責任とわりきっています
 
一つのテーマでも 常に三つ以上の情報を調べることを原則にしています 
こういう情報 ああいう情報 
間接的な情報 
周辺情報
 
年寄りの忘備録 
最適 効率の良い手段です 
気になったこと関心事 自分のHP内を先ず検索 不足があれば Net上での再調査
 
個人の学習手段として「コピペ」を礼賛(らいさん)します 
語感が良くないですね 横文字にでもしましょうか 
「Copypa」「Copipa」(コピパ) 
「Copipe」(コーパイプ)
 
ただし 
自分の意見・価値観であるかのような「Copipe」には?

 
2008/ 
 
 
早晩 ご批判をいただくことだろうと思っていました 
言い訳はしません
2013-
なんだか良く分からんがすごいテキスト量のサイトだ。ヒマな時があったら読んでみようって気は起きないな絶対。  
このページの最後の方に、リンクもせずにそっくりそのまま○○○が丸写しされてる。こんなことをする人がいるんだ。驚いた。  
おやまぁ…。しかしすごいサイトだなぁ…  
すごいですねぇ。こんなことをしながら、サイトの本体では「知恵と常識あたりまえ」について語っていますし、「校了はありません死ぬまで加筆・校正の予定です」だそうです。コピペなのに…。  
よくわからないサイトですね。何が目的なのか何が言いたいのか。罪悪感などなくコピペしているようですし。  
備忘録的に集めた記事を、サイトに上げちゃってる。って感じですね。それにしてもテキストびっちりで、びっくりしました。  
けっこう面白いテキストをいろいろ集めてありますね。しかし、コピペの各ページに「出典不明 / 引用を含む文責はすべて当HPにあります。」と入れているのは悪意を感じます。自分でコピペしたのだから出典不明のはずがないので。 
民謡の「甚句」について考えたいと思って、ネットで検索してみて驚いた。なんと「甚句の系譜」と題して500頁もの書き込みをしている人がいたから。雑学の世界とあって、なるほどだれかの論考の無断引用が多く、あまり見解や創見に乏しいものであるが、それにしても全国の民謡を取り上げ、いちいち説明を加えているので、その意欲に感心する。こういう書き手と意見交換できたらなあとさえ思う。  
2011
Wikipedia / ウィキペディア / フリー百科事典 
ある日、 記憶にあるテーマで内容も私の整理したものを見つけました。出典を確認、当然このHPになっていました。どなたか書き込みに利用したようでした。 
1週間後か削除されていました、理由はこのHP自体の出典情報が「出典不明」になっていたことによってでした。 削除されて、ひと安心。