「誤算」ではないバブル後遺症

十数年にわたるバブル後遺症 
誤算とでも言わなければ 
恰好の付かない人ばかりです 
 
諸悪の根源は 
サラリーマン社長 
護送船団になれ親しんできた金融界 
民を忘れた政治屋・木っ端役人・補助金団体 
提灯ばかりつけてきたジャーナリストもどきの木鐸・翻訳学者 
 
そうです 
慣れ親しんだシステムの構造欠陥の認識欠如が原因です 
なおかつITも理解しない責任者の老害です


  
 
 
首をつぼめていれば 
いつか景気は戻るだろう
  
不動産担保は取ってある 
土地で回収できるだろう
 
  
国債増額補助金ばらまき効果期待 
いつものこと景気が戻れば税金が増えるだろう
  
ほんとうに一寸先は闇ですね  
したり顔でお茶を濁す 
そのうち忘れてもらえるだろう
  
トンネルを抜けたら晴れるか 
晴れても経済システムの構造は様変わり 
ピラミッド組織はさようなら 
ITで事務職のリストラは必至 
PCも道具に使えない経営者はさようなら
  
トンネルを抜けても土砂降り 
ただただ延命に成功しても 
銀行金利も生めない低利益の会社は消えるのみ
  
いつになってもトンネルの中 
経済システムの構造改革 自己責任
 
社内の組織改革 意思決定
 
評価の物差し 能力主義
 
その他大勢ぶらさがり老害 排除

 
2005/