迷ったら文字にしなさいそれから口にしなさい

素直に思えたら 
気持ちをそのままぶつけるのもいい 
 
迷いがあったらちょっと待ちなさい 
ノートの端に  
言葉の羅列でいい書いてみなさい 
 
素直に文字の通り思えたら 
気持ちをぶつけなさい 
大抵それで遅くない 
 
仕事となると同じ言葉も 
順序を換えるだけで反対になる


  
ボタンの掛け違い 
同じ事を言うにも  
順序を間違えると意味が変る
  
深呼吸する 
時間を置く 
明日にする 
しばらく放っておく
  
その間に言葉を探す 
順序を決める 
相手の顔を思い浮かべる 
逆の立場で受け止めてみる 
全部忘れてしまう
  
思案六方投げ首 
東西南北天と地 
情には理  
情に竿させば流される 
理には情 
理に勝って非に落ちる
  
思いやり同情惻心 
おんぶに抱っこはない 
盗人にも三分の理 
渡る世間は鬼ばかり 
男は閾を跨げば七人の敵がある
  
見猿聞か猿言わ猿 
情けが仇となる
  
非情冷淡にべもない 
弱肉強食 
棺桶順 
引導を渡す 
死人に口なし 
死者に鞭 
死人に飛び蹴り 
一緒に死なない 
死んで花実が咲くものか
  
深慮遠謀 
自分の考えを通す 
馬を射る 
それとなく相手の得意技を封じる 
相手の不得手な土俵を作る 
深くかつ先々のことまで考えに入れる
  
押してだめなら引いてみる 
柳に風受け流す
  
外堀を埋める 
賛同者を各個撃破 
それとなく相手の得意技を封じる 
大阪冬の陣 
目的のための遠まわり作戦
  
背水の陣 
ここ一番の時だけ 
後に河川を控えて陣を布き味方に決死の覚悟で戦わせる 
一歩も退けない絶体絶命の立場で事にあたる
  
逃げるが勝ちもある 
普段から逃げ道を用意しておく
  
窮鼠猫を噛む 
相手を負かすには逃げ道を断ってはいけない
  
必死の覚悟をきめると弱者も強者を苦しめる

 
2000/