笑い飛ばして忘れなさい

人を恨むのはやめなさい 
その人が貴女のために何をしてくれるわけじゃない 
 
そんな気持ちは何も生まれない 
詫びて欲しいのかい  
詫びられてもこの時は帰って来ない 
 
笑い飛ばしなさい 
忘れなさい


  
得意技笑い飛ばし 
笑い飛ばすと元気が出る 
忘れると新しい世界が見える 
人生は出会いと別れの連続だ 
あたりまえにやり過ごすのも生き方だ 
次に恨みを残すような相手を選ばなければよい 
人生年をとるほど早くなる 
恨んでいたら出会いの数が減ってしまう 
もったいない
  
勧酒 
この盃を受けてくれ 
どうぞなみなみ注がしておくれ 
花に嵐のたとえもあるぞ 
「さよなら」だけが人生だ
  
勧君金屈巵   
満酌不須辞   
花発多風雨   
人生足別離 (井伏鱒二訳) 
  
怨む恨む憾む 
怨んで何が変わる 
気が晴れるか 
元気になるか 
明るくなるか 
明日がない
  
あなたを恨んで呑んでます 
蛍翔んで行け 恨みを忘れて燃えて行け 
酒に恨みは ないものを あゝ 長崎は今日も雨だった 
女おんな女いのちの 怨み節 
身を寄せりゃ 夜明けを怨む雨が降る 
娘盛りの胸ん中 恨み恋しの雪女 
・・・暗い詩しかない
  
詫びをいれる 
悪いと思ったら謝りなさい 
何を悪いと思ったか伝えなさい 
許されないかもしれない 
でも謝りなさい
  
自分に理があると思ったら 
何が理か伝えなさい 
理解されないかもしれない 
でも伝えなさい
  
誤解はある 
縁のない相手もある 
話して笑い合えない相手は  
縁がないとあきらめなさい
  
掛け声 
はぁー 
よいしょ 
どっこい 
それ 
わっしょい 
そヤ
  
弾み 
勢い 
行きがかり 
空元気 
輪に入る 
担ぐ担がれる

 
2000/