Johannes Vermeer

昔からこの絵が誰の物か気になっていました 
美術番組が思い出させてくれました
   
1632/10/31-1675/12/15 
ヨハネス・フェルメール / 17世紀にオランダで活躍した風俗画家。レンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表する画家、生涯のほとんどを故郷デルフトですごした。初期の作品の一つ「マリアとマルタの家のキリスト」(1654-55頃)にみられるように、はじめ物語画家として出発したが、やがて1656年の年記のある「取り持ち女」頃から風俗画家へと転向していく。静謐で写実的な迫真性のある画面は、綿密な空間構成と巧みな光と質感の表現に支えられている。現存する作品点数は33〜36点と少ない(ほかに記録に残る作品が少なくとも10点はある)。 
絹織物職人として活動しかたわら居酒屋・宿屋を営んでいた父は、ヨハネス誕生の前年に画家中心のギルドである聖ルカ組合に加入している。1642年にメーヘレンに転居した。1653年にカタリーナ・ボルネスと結婚し、同年に聖ルカ組合に加入した。1662年と1670年2度にわたり聖ルカ組合の理事に選出されており、画家として高い評価を受けていたことが判る。1675年にデルフトで死去、43歳。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


  
出典不明 / 引用を含む文責はすべて当HPにあります。