Michelangelo Buonarroti

1475-1564 
ミケランジェロ・ヴォナローティは レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロと並ぶ盛期ルネサンスの三大巨匠の一人。 
ミケランジェロこそ、盛期ルネサンス最大の巨匠であると考える専門家も多い。絵画より彫刻こそルネサンスを象徴するに相応しいものと考え、彫刻家としてピエタやダヴィデ像など素晴らしい彫刻を残しているが、画業でもシスティーナ礼拝堂の壁画に代表されるよう に、他に類をみない偉大な業績を残している。また彫刻家、画家としての顔の他、建築家としての才を持ち、晩年にはサン・ピエトロ大聖堂の主任建築士として、その作業に没頭した。晩年期の作品には引き伸ばされた人体表現などマニエリスムを思わせる技法も指摘されている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
 
 
 
 
 
 

  
出典不明 / 引用を含む文責はすべて当HPにあります。