Gustav Klimt

1862-1918 
オーストリアの象徴主義の画家。 女性の裸体、妊婦、セックスなど、赤裸々で官能的なテーマを描くクリムトの作品は、甘美で妖艶なエロスと同時に、常に死の香りが感じられる。また、「ファム・ファタル」(宿命の女)というのも多用されたテーマである。「接吻」に代表される、いわゆる「黄金の時代」の作品には金箔が多用され、絢爛な雰囲気を醸し出している。
 
 
 
1862年ウィーン郊外に生まれる。弟エルンストと共にウィーンの工芸学校に学ぶ。卒業後、すぐにプロの芸術家としての活動をはじめる。エルンスト、フランツ・マッチェと共に「芸術家協会」を結成し、主に劇場装飾の仕事を請負っていた。
 
 
「ユディトI」1901年1894年、すでに装飾家として名声を得ていたクリムトはウィーン大学大講堂の天井画の制作を依頼される。「学部の絵」と名づけられたこの天井画は「哲学」「医学」「法学」の3部からなる。人間の知性の勝利を高らかに歌いあげるという依頼者が意図したテーマに反し、これら3枚の絵は理性の優越性を否定する寓意に満ちたもので、その是非をめぐり大論争を引き起こした。
 
 
 
 
 
この事件をきっかけに、1897年ウィーン分離派を結成する。分離派は古典的伝統的な美術からの分離を標榜する若手芸術家のグループで、クリムトは初代会長を務めた。分離派からは後にエゴン・シーレ(Egon Leo Adolf Schiele - 1890-1918)、オスカー・ココシュカ(Oskar Kokoschka, 1886-1980)などを輩出している。クリムトは内部の対立から1905年分離派を脱退。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
   
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

   
出典不明 / 引用を含む文責はすべて当HPにあります。