毛越寺・中尊寺

毛越寺中尊寺後三年の役と奥州藤原氏 
 
 
毛越寺
夏草や兵どもが夢の跡 
医王山毛越寺金剛王院は、仁明天皇の嘉祥3年(850)天台宗の高僧、慈覚大師が創建した。中枢伽藍(根本中堂)を嘉祥寺と称し、大師自作の医王善逝の霊像を本尊としている。常行堂も創立されて、ここで秘法を修したという。清和天皇の貞観11年(869)「北門擁護の御願寺たるべし」との詔勅があったが、その後、盛衰とともに堂社僧坊が荒廃していった。 
堀河天皇の長治年中(1104-6)領主藤原清衡(1056-1128)基衡(-1157)父子によって再興され、常行堂も復興された。鳥羽天皇に至り、勅使左少辨富任により円隆寺の宣下を受け、勅額及び国家鎮護の勅願文を賜った。藤原三代秀衡(-1187)は社堂坊舎を増築し、堂搭四十余宇、僧坊五百余宇と「吾妻鏡」にも記されている。 
後鳥羽天皇の文治5年(1189)藤原秀衡を頼っておちのびてきた源義経が秀衡没後、藤原四代泰衡に攻められ高館で自害。その泰衡も源頼朝に討たれ、藤原氏は没落した。頼朝は寺を巡視して武門の祈願所とし、寺領安堵の壁書を円隆寺の南大門に掲げた。 
土御門天皇の承元年中(1207-11)幕府が修営を命じ、その旧観を保持した。また、順徳天皇の建保2年(1214)後鳥羽上皇が一字三禮の法華経を納め、時の別当二位禅師良禅に祈願修法の儀の宣旨があった。 
後堀河天皇の嘉禄2年(1226)円隆寺、嘉祥寺、講堂、経蔵、鐘楼、経楼、文殊楼門等が焼失。後醍醐天皇の建武4年(1337)隣山の中尊寺も金色堂と経蔵の一階を残しすべて焼失した。 
室町時代、正親町(おおぎまち)天皇の元亀4年(1573)領主葛西氏と大崎氏との戦火のため、常行堂、法華堂を残して、南大門、大阿弥陀堂(観自在王院)、小阿弥陀堂をはじめ、残りの社堂、坊舎を焼失した。 
後陽成天皇の天正19年(1591)豊臣秀次が九戸凱旋の折立ち寄って、旧跡を巡覧し「衆徒の還り住むべき」の教書を下し、若干の寺禄を寄附した。 
最後まで残った常行堂、法華堂も、慶長2年(1597)野火のため焼失した。 
中御門天皇の享保13年(1728)常行堂だけは再興され、祭礼その他諸掛を負担していた別当大乗院がその後、堂を本坊に寄附した。 
天明6年(1786)訪れた菅江真澄は祭礼を見て、貴重な記録(「菅江真澄遊覧記」霞玉駒形・他)を残している。文政5年(1822)領主伊達斉義が北方巡視の折立ち寄り、常行堂にて延年の舞を見た記録が残っている。 
明治9年(1876)明治天皇が義経堂に立寄りになり、寺僧樹陰で古楽を奏し、鳳輦(ほうれん・天子の乗り物)を迎えた。 
平成元年に本堂を再建し、本尊薬師如来、脇士日光月光菩薩を安置した。 
かつて広大な境内に大伽藍が建ち並んでいた毛越寺だが、今は本堂、常行堂の他、大泉が池と様々の石組からなる浄土庭園、堂宇や回廊の基壇、礎石、土塁、それに堂塔十余、僧坊十七坊が残されているのみである。しかし常行三昧の古修法と延年の催しが時代を越えて僧から僧へと伝えられ、茅葺きの常行堂内でひそやかに継承されていることは、驚嘆に値する。
 
造営年代 
近世から明治初期まで、毛越寺は初代清衡が造ったとする説が有力だった。仙台伊達藩の学者佐久間義和の「奥羽観跡聞老(もんろう)志」(享和4年、1719年の自序)や盛岡南部藩の成立過程を記した「南部根元記」(著者も著作年代も未詳)には、長治2年(1105)の造営と記されている。長治2年は初代清衡の治世で、これによっても清衡造営説が一般的であったことがわかる。明治19年の高平真藤著「平泉志」にも長治年間(1104-5)の建立とされている。 
しかし、相原友直(元禄16年-天明2年)著「平泉雑記」(安永9年頃作)で、清衡造営説の誤謬を最初に指摘し、その後、諸氏によって基衡造営説が補説補強された。友直は平泉文化研究史上、先駆者的学者であったと言われている。 
今では、毛越寺は基衡が晩年の久安6年(1150)から保元元年(1156)までの7年間に造営したとみなされている。
 
基衡 
大治3年7月16日(1128)初代清衡は亡くなった。二代基衡の治世はすんなりとは始まらなかった、清衡には妻室平氏との間に六男三女があったほか、腹ちがいの男子もいた。そこで清衡の死後まもなく相続権をめぐって兄弟間に深刻な紛争がおこった 。 
当時の貴族、源師時(もろとき・1077-1136)の日記「長秋記」には、その事情が書き留められている。師時は詩歌に秀でて名声があり、後に権中納言となり、皇太后大夫を兼ねた人物である。「長秋記」/清衡が死んだ翌年の大治4年8月「陸奥国の清平の二子が合戦を始めたので公事(くじ・国への納税)欠怠(けったい)多し(とどこおりがちになった)」という噂が京に伝わった。二子とは「兄弟基平と惟常(これつね)」だとある。その翌年の大治5年6月の都の評判については、もっと詳しく記してある。「さきごろ、清衡の長男で字名(あざな・通称)を小館というものが、その弟で字名は御曹子というものに攻められた。小館は子どもや従者二十余人とともに小舟に乗り越後まで逃げのびたが、弟の御曹子は軍兵を発して陸路から追撃し、小館父子の首を切った」。御曹子は、前出の基衡(基平)だと考えられる。また惟常はあとに述べた小館と同一人物かどうかは明らかではないが、正妻の子ではなく妾腹の子であったかと思われる。 
いずれにしても基衡は、果敢剛腹な人物として当時の説話を集めた「古事談」や「十訓抄」にも描かれている。
 
清衡追慕の念 
激しい同族間の内紛が一段落し、基衡の相続が確立したのは、清衡が亡くなって10年も経ってからのこと。その頃、保延4年(1138)基衡は「先考(亡父)藤原清衡の成仏得道のため妙法蓮華経」と金泥文字で書いている。この写経は現在、静岡県浜名郡妙立寺に残り、奥書には基衡の写経の主意が明記されている。 
父清衡の死後12年の保延6年(1140)と死後20年の久安4年(1148)にも同じく「先考藤原清衡の成仏得道のため妙法蓮華経」を書写している。大阪府南河内郡天野村金剛寺に証拠が残っている。 
当時、仏教信仰は一般的な風潮であったはいえ、基衡がいかに先考清衡を慕っていたかがしのばれる。基衡の妻、安部宗任の娘が建立したと言われる観自在王院跡には「基衡の室、安部宗任の女」と刻んだ墓碑が立っているが、これに「仁平二年四月二十日有日」とある。仁平2年は清衡の死後24年目、基衡の治世になって22、3年の頃で、この頃、基衡は妻室を失った。墓碑は江戸時代の享保15年9月13日(1730)村上治兵衛照信が建てたとされている。
 
年貢増徴を拒否 
清衡・基衡の代から、平泉藤原氏は実質上の私営田領主、あるいは京藤原氏荘園の総預といった地位にあった。清衡の死後20年経った久安4年(1148)関白忠実は高鞍(たかくら・宮城県栗原郡)本良(もとよし・同本吉郡)大曽禰(おおそね・山形県東村山郡)屋代(やしろ・同東置賜郡)遊佐(ゆさ・同庄内地方)の5ケ所の荘園を子頼長に譲った。頼長は悪左府と言われた史上悪名高い人物だった。高鞍荘は忠実の頃から年貢増徴問題がおこっていたが、基衡は一切その要請には応じていなかった。 
頼長は譲渡を受けると翌年ただちに年貢増徴を強硬に要求したが、基衡はこれも再三にわたって拒否し続け、清衡死後25年後の仁平3年(1153)五荘のうち三荘については基衡の提案どおりに決着した 。 
京藤原氏との間で数年にわたり紛争となっていた懸案の荘園問題だったが、基衡に有利に解決することで幕を閉じた。悪左府と言われた頼長に対してさえも、基衡は剛直な姿勢を崩すことなく、毅然とした態度で臨んだ。 
その精神は、造営した毛越寺や妻室のために建立した観自在王院に表れ、初代清衡が造営した中尊寺に優るとも劣らない規模であったことを考え合わせると納得できる 。
 
揺るぎない勢力 
京藤原氏との荘園をめぐる年貢増徴問題係争中、成佐という者が悪左府頼長に中国の故事を引用して「匈奴(基衡のこと)はもともと無道なものである。必ずしも(頼長)の命令に従わないであろう。だから今まで紛争が長引いたのである」と、基衡と争うことの不可を進言したことがあると、頼長の日記「台記」に記している。悪左府と言われた頼長も強引であり、基衡もそれに劣らず強硬だったことがわかる。清衡は国司に対して時に強硬な態度で臨んだこともあったが、藤原氏に対しきわめて協調的で、迎合的と言っていい部分もあった。けれども基衡は決して剛直な態度を崩すことはなかった。「吾妻鏡」に「基衡は果福、父にすぎ」とあるように、その頃になると奥州藤原氏の辺境在地勢力がいよいよ揺るぎないまでに拡大充実していたことが背景にあったと考えられる。
 
夭折した基衡 
基衡の死亡年月日について、通説では保元2年3月19日(1157)とされているが、実のところ明確でない。近世の諸書や毛越寺千手院の位牌などに、一致して保元2年3月19日と記されている。「吾妻鏡」に基衡は「夭死」とある。昭和25年の遺体調査によれば、「頭蓋骨縫合、脊椎骨、下顎骨等のレントゲン像より見て、三公中最も若く50−60歳位と推定される」とされる。脳腫瘍か脳溢血が死因らしく、永く臥床した形跡はない。「肥満体質で豊頬であるから、しもぶくれの福々しい顔」、「首は太くて短く」「いわゆるいかり肩」「昔の謹厳なる礼法、具足の使用、剣術、弓術等を強行した痕跡が外後頭隆起にみられる」という 。 
基衡の治世は忠通の摂関時代とほぼ一致し、鳥羽院政時代とも時を同じくしている。その頃から平氏は忠盛が台頭し、そのあとをうけた清盛の上昇期でもあった。
 
毛越寺の造営年代 
古来幾多の戦闘が繰り広げられた奥州を仏教によって浄め、陸奥辺境の地を仏国土とするという初代清衡の掲げた理想は中尊寺となっ。二代基衡はそれを正しく受け継ぎ、さらに発展させた。中尊寺を上回る規模で造営した毛越寺は、その所産だった。その造営年代を明記した史料はないが、「吾妻鏡」文治5年9月17日にみる平泉衆徒提出文書には、次のような記がある。 
「毛越寺の事 堂塔四十余宇、禅坊五百余宇なり。基衡これを建立す。まず金堂を円隆寺と号す。(中略)講堂・常行堂・二階の惣門・鐘楼・経蔵等これあり。九条関白家、御自筆を染めて額をくださる。参議教長卿は堂中の色紙形を書するなり。(中略)かくの如き次第、鳥羽禅定法皇の叡聞に達し...」 
これにより九条関白忠通、参議藤原教長、鳥羽禅定法皇、基衡4人の共存関係から造営年代を推定すると、久安6年(1150)末から保元元年までの約6年の間の造営であったことになる。この期間は、清衡の死後24-29年目までの間にあたり、基衡晩年になってからの造営になる。
 
荘厳善美 
「吾妻鏡」によると、金堂円隆寺は金銀をちりばめ、紫壇赤木を継ぎ、万宝を尽くした荘厳さで、本尊として丈六の薬師如来、十二神像を安置してあったと言います。またこの金堂のほかに、講堂、常行堂、二階惣門、鐘楼、経蔵などがありました。二階惣門にかけられた額は九条関白忠通が染筆し、金堂内を荘厳に飾る色紙形は参議藤原教長が書いたものです。 
藤原教長は和歌にもすぐれ、藤原佐理の楷法(楷書の方法)を学びました。崇徳上皇に信任されましたが、兵をあげようとした上皇を諫めたが思い止めることできず、ついに保元の乱となりました。上皇方が負けるに及んで、教長は広隆寺で剃髪し、観蓮と称しましたが、結局は保元元年8月3日常陸の浮島に流されました。 
毛越寺の本尊は、仏師雲慶作です。「吾妻鏡」には、本尊が制作されるに至った次のような逸話が記されています。 
基衡から本尊制作を依頼された雲慶は、上中下の三等級のいずれにするかと尋ねました。基衡は中と答えて、謝礼として金百両、鷲羽百尻、直径七間半もある水豹(あざらし)の皮六十余枚、安達(あだち)絹千疋、希婦細布(けふのせばぬの)二千端、糠部(ぬかのぶ・岩手県北部と青森県東半部の広域地名)の駿馬五十疋、白布三千端、信夫毛地摺(しのぶもちずり)千端等を贈りました。大変な物量で、完成するまでの三年間、これらの品々を輸送する人夫荷駄が山道、海道を絶えることがなかったと言います。 
ある時、別禄として、生美絹(すずしのきぬ)を船三艘に積んで贈ったところ、雲慶はうれしさのあまり冗談まじりに「嘉悦きわまりなしといえども、なお練絹(ねりぎぬ)こそ大切なり」ともらしたそうです。使者からこの話を聞いた基衡は大変後悔して、新たに練絹を船三艘に積んで贈ったと言います。すさまじき物量攻勢。当時の平泉の財力を如実に物語っています。 
このような評判を伝え聞いた鳥羽禅定法皇は、ある日、雲慶作のその仏像をご覧になりました。まさに素晴らしい出来栄えに驚嘆なさった法皇は「洛外に出すべからず」と持ちだしを禁じられました。このことを知った基衡は、「心神、度を失い、持仏堂に閉じ籠り、七か日夜、水漿(すいしょう・飲料)を断ちて祈請し」、九条関白忠通に善処を嘆願して、ようやく平泉への搬送が許されたといいます。 
これらの逸話は、念願の毛越寺建立のためには財力にあかした基衡の豪勢さと共に、ひたすらな信仰心と京風文化への切なる憧れの表れとも言えるでしょう。 
こうして毛越寺は、基衡、秀衡二代にわたって、堂塔四十余宇、禅坊五百余宇の壮大な伽藍配置が整えられました。寺院の善美を尽くした様子は「霊場の荘厳はわが朝無双」という「吾妻鏡」の評言に端的に表れています。また、昭和29年から5年間にわたって行われた庭園遺跡の発掘調査により、その善美は庭園にも及んでいたことが明らかになりました。
 
造営の視点 
毛越寺造営に賭ける基衡の視点が二階惣門にかけられた額の逸話からも伺い知ることができる。この額は「吾妻鏡」に九条関白忠通の自筆とあるが、「古事談」では忠通が厩舎人(うまやとのねり)菊方という者を遣わして取り戻したことになっている。 
「古事談」では「基衡、秘計をめぐらすといえども遂に責め取りて、三つに破りて持ち帰参すと云々。菊方の高名この事にあり」とある。額を取り戻した菊方が主人忠通のいいつけに忠実であったと賞賛するのが目的で、この話は臣節の部に収めてある。基衡にしてみれば、せっかく手に入れた額で取り戻されるのが惜しく、秘計をめぐらして使者菊方を買収しようとした。しかし、菊方は誘惑に打ち勝ち、主命を果たしたというのが、「古事談」の話の主旨。本当ならば、額は忠通染筆と偽称したものになり、真筆ならば菊方が主君を欺いたことになる。真相はともかく、基衡が御室仁和寺(おむろにんなじ)の世話によって、莫大な運動資金を使って忠通に染筆させたことだけは、動かぬ事実と考えられる。 
基衡が毛越寺造営に賭ける執念に近い熱意と京文化に対する憧憬を抱き、財力さえあれば京の最高貴族をすら動かすことができるという自信を持っていたことがわかる。 
同時に「奥(おく)の夷(えびす)基衡とかいうが寺」のものと聞き知り、いったん染筆した額を取り戻そうとした忠通、その意識の底に、奥州に対する根強い蔑視感があったのも事実だ。京の人々の感覚に対抗するため、基衡は京文化を越えるような文化を毛越寺に打ち立てようとしたのではないだろうか、単なる京文化追従とは思えない。
 
頼朝の威嚇 
文治三年10月29日(1187)秀衡が亡くなった。その翌年から源頼朝の政治工作が活発となり、平泉に対して二度の宣旨が出ている、最初は文治4年2月、二度目は同じ文治4年10月。どちらも四代泰衡と弟源義経への難問対策であり、泰衡への威嚇だった。 
「前民部少輔藤原基成(当時平泉在住、泰衡の母の父)ならびに泰衡等に、義経を捕らえて出せとの宣旨をすでにくだしておいた。しかるに皇命を恐れず、みだりに弁解がましい子細をくどくどしく述べるとは、普天のもと、そんなことは許されるはずのものではない。そればかりでなく、義経が奥州中に出歩いているという確かな風聞があるのに、ぐずぐずして月日を空費している。このように、義経の野心に同調するということは朝威を軽んずることではないか。とくにも泰衡は祖跡の四代目を継承し、己の威力を一国にはびこらせている。かさねて泰衡等に仰せ付けるが、すぐに義経を捕えて召し出せ。もしも義経に同意しようなどと思うならば、きっと臍を噛むような後悔をするようになるぞ。よく宣旨の厳旨を守り、凶悪犯義経の誘引に同調しないのであれば、その勲功にしたがって恩賞を賜うであろう。もし凶徒(義経)に従うなら官軍を差しつかわして征伐するぞ」 
威嚇的な頼朝の態度に、最初は「義経を総大将とし、一族結束して頼朝勢にあたれ」という秀衡の遺言に従っていた泰衡も、遂には屈服することになった。
 
義経の死 
文治5年閨4月30日(毛越寺伝は4月28日)宣旨と頼朝の執拗な政治的圧力にたえかねた泰衡は、みずから数百騎を率いて、義経の宿所である高館を囲んだ、義経主従はわずかに十人足らず。義経はまず妻子を自分の手で殺し、宿所に火を放って自害して果てた。源平合戦を華やかに彩り英雄となった稀代の義経は、ここに31歳の生涯を終えた 。 
泰衡は義経の首に酒をつけ、鎌倉の頼朝のもとへ送った。一方で義経を討ってから2か月後の6月26日泰衡は義経に同調した弟忠衡(23歳)を宣旨にしたがって殺し、さらには弟頼衡をも殺した。しかし鎌倉からはなんらの恩賞もなかった。泰衡は義経の首と引き換えに平泉の地位の安泰を図ったが、平泉を救うには至らなかった。泰衡が義経の首級を鎌倉に送った頃、頼朝は着々と泰衡征伐の準備を進めていた。6月6日頼朝は奥州征伐を祈願するため伊豆国の北条内に願成就院造営を発願し、起工供養をしていた。同24日に平泉征伐軍出陣用の御旗一流の調達を、千葉常胤(つねたね)に命じている。 
「吾妻鏡」には「近頃は奥州征伐の沙汰のほか、他の事なし。軍士を催促したら鎌倉に集結するものすでに一千人。その名簿を頼朝が本日一見した。武蔵と下野両国の住人にも出陣準備を命じた」とある。 
6月28日頼朝は「奥州征伐御祈祷」のため、翌月の鎌倉八幡宮の放生会を繰り上げて行うことを決定。同29日日頃敬信している愛染王像を武蔵国の慈光山に贈り、その本尊とすることにした、これも奥州征伐御祈祷のためだった。 
願い出ている平泉追討の勅許がおりず、頼朝は兵法故実に詳しい武家の長老大庭景能(おおばかげよし)を召し奥州征伐について意見を求めた。景能は「軍中においては将軍の命令には従うが、天皇の詔などは聞く必要はないものだ。すでにその一件については(朝廷)に上申してある以上、勅許など待つ必要はさらにない。まして、泰衡は(源氏からみれば)累代の後家人のあとを受け継いでいる者にすぎない。(征伐開始の)理由はこれだけで充分である」と答えた。この答弁に感服し恩賞として御馬を与え、ここに出陣を決意した 。
 
頼朝の執念 
奥州は前九年の征伐将軍源頼義、後三年の役の征伐将軍頼義父子以来、源氏にとって宿縁の地だった。源為義が陸奥守就任を所望した時、平泉では豪気果断な基衡の治世だった。政府は「祖父伊予入道頼義、この受領(ここでは陸奥守のこと)に任じて貞任、宗任が乱によって前九年の合戦ありき。八幡太郎義家、またかの国守になりて武衡、家衡をせむるとて、後三年の兵乱ありき。しからばなお意趣のこる国なれば、いま為義、陸奥守になりたらましかば、さだめて基衡を亡ろぼさんという志あるべきか。かたがた不吉なり」(「保元物語」下巻、為義降参の事)という理由で許可しなかった。 
拒否された為義は「しからば自余(陸奥国以外)の国守に任じてなにかはせん」と憤慨し、保元の乱に参戦するまではついに他国の国守にならなかった。源氏にとって陸奥(奥州)は「あの意趣ののこる国」すなわち宿願の国であった。頼朝にとって秀衡は背後を脅かす厳然とした敵対勢力であり、両者は冷たい緊張関係にあった。義経の死に関わらず、平泉討伐は避けては通れない命題であったのだ。 
「吾妻鏡」の宝治2年2月5日(1248)条に「(鎌倉の)永福寺の堂の修理の事、当寺は右大将頼朝が文治5年に伊予守義顕(よしあき・義経のことである)を討ち取り、また奥州に入り藤原泰衡を征伐し、鎌倉に帰りたまいて後、陸奥出羽両国を知行せしむるの由、勅裁をこうむられた。これは泰衡管領の跡であったからである。しこうして今、関東の(武運)長久遠慮をめぐらしたもうのあまり、怨霊を宥(なだ)めんと欲して建立したものである。義経といい、泰衡といい、実はさしたる朝敵ではなかったのだ。ただ私の宿意をもって、誅亡したまでのことである。よって、その年のうちに(文治五年)永福寺営作を始めたのであった。したがって壇場の荘厳はひとえに清衡、基衡、秀衡(特に細字で「以上は泰衡の父祖なり」と註を加えてある)等平泉精舎に模した。その後60年の雨露が月殿(堂宇のこと)を侵し老朽化した。明年(慶長元年のこと、干支は巳酉)は義経ならびに泰衡一族滅亡の年の支干に相当している」 
注目すべきは、義経、泰衡両人が「さしたる朝敵」でもないのに、頼朝が「ただ私の宿意をもって誅亡した」ことである。「私の宿意」とは、個人としての頼朝の「私」ということのほかに、源氏の嫡流としての頼朝の「私」の意味がこめられているのではないかと言われる。 
頼朝が死に実朝将軍建保元年4月4日条「吾妻鏡」に「陸奥平泉の寺塔破壊の事、はやく修得するようにとの主旨を本日、平泉地方の地頭に命令した。というのは、甲冑をつけた法師一人が尼御台所(頼朝の未亡人政子)の昨夜の夢枕にあらわれ、平泉の寺塔が荒廃していることは遺恨にたえない、と恨みことを言った。それでさっそく政子が命令したのである。昨夜の3日という日は、泰衡が殺された日である。であるから、夢枕に立ったのは彼の霊魂か。甲冑を着ているということは、なにか不測の変事が予想され、不審がつのるばかりである」とある。頼朝の「私の宿意」によって平泉征伐への悔恨の思いは、政子のみならず多くの鎌倉将士のうちに沈潜していたのかもしれない。
 
奥州藤原氏滅亡 
文治5年7月19日頼朝は総勢二十八万余騎を率いて鎌倉を出発。兵を三軍にわけ、東海道大将軍は千葉常胤(つねたね)、八田知家、北陸道大将軍は企比能員、宇佐美実政、頼朝自身は大手として中路を進んた。奥州勢十七万余騎、8月8日阿津賀志(あつがし)山(福島県伊達郡)で最初で最大の合戦となったが4日間の戦いで平泉方は決定的な敗北をきっした。国分原鞭楯(仙台市)に本陣を構えた泰衡は戦わずして敗走、平泉までたどりついたが、館に火をかけてさらに北へ逃げた。 
一日遅れて平泉に着いた頼朝は9月2日泰衡探索のため出発。4日から陣が岡(紫波郡紫波町)に駐留中に、藤原氏累代の朗従である河田次郎によって泰衡の首が届けられた。泰衡が河田に殺されたのは9月3日泰衡35歳であった。金色堂内秀衡壇の中に秀衡棺とともに納められ首級は、昭和25年調査によって泰衡のものと推定さた。
 
毛越寺炎上 
頼朝の征伐によって平泉が滅亡した年からわずか37年後の嘉禄2年(1226)に毛越寺は炎上した。「吾妻鏡」同年11月8日条に「陸奥国平泉の円隆寺は毛越寺とも号するのであるが、この寺が焼亡した。これよりさきに、円隆寺が火災にあうぞと鎌倉の街中を告げまわる者があったので不思議に思っていた。しかるに後日聞いたところでは、炎上した時刻が告げまわったのと一致している。この寺は荘厳(装飾の美しさといった意味)において、わが朝(わが国)無双(ならぶもののないほどすぐれている)なり。右大将軍(頼朝)が文治5年(1189)奥州征伐のとき巡礼されてから殊に信仰された寺であったのに」と最大級の賛辞で愛惜の情を吐露している。
 
中尊寺

 

中尊寺は嘉祥3年(850)天台宗の高僧、慈覚大師円仁によって、この地に弘台寿院という寺が開かれたことに始まるといわれる。 
長治2年(1105)より藤原清衡によって多くの堂塔伽藍が建立された。清衡は前九年の合戦によって父を失い、後三年の合戦によって妻子を失うという波乱の半生をかえりみて、戦争で命を失った敵・味方の人々、さらに動物から草木に至るまで等しく供養し、戦争のない平和で平等な社会をつくりたいと願った。そのためこの地に高い文化と教養を根づかせ、さげすみによってくり返された東北地方の悲しい歴史を克服する必要があった。中尊寺の寺号は、東北地方の中心という意味と、たとえ辺境地にあっても今立っている場所こそが自分にとって法界(仏さまの世界)の中心である、という意味が込められているといわれている。この時代の唯一の建造物である金色堂には、この地方の産物である金のほか、南海産の貝や木材がふんだんに使われ、経蔵には金や銀をつかって書写された中尊寺経、中国から輸入された宋版一切経が納められ現在に伝えられている。 
清衡の願いが実を結び、東北地方におよそ100年間大きな戦争のない平和な時代が続いた。この間、基衡、秀衡によって仏教による平和都市の建設が進んだ。「吾妻鏡」に中尊寺の規模は「寺塔四十余宇、禅坊三百余宇」と伝え、毛越寺、無量光院といった大寺院が都市の中核をなしていた。
  
平泉を訪れた西行は、中尊寺の東方に優美に横たわる束稲山を眺め「聞きもせずたばしね山の桜ばな 吉野の外にかかるべしとは」(聞いたことすらない束稲山の桜花よ 名に知れた奈良吉野の千本桜の外にこれほどの桜の名所があったとは)と詠じた。 
文治5年(1189)源頼朝の軍勢が東北地方に兵を向け、奥州藤原氏は滅亡した。頼朝が平泉に入った時、秋風と音もなく降りしきる雨の中、灰となった町には人影すらなかったと「吾妻鏡」は伝えている。平泉の寺々を巡礼した頼朝はその仏教文化に感銘を受け、中尊寺二階大堂にならって鎌倉に永福寺(二階堂)を建立した。 
頼朝は、奥州の国務は藤原氏の先例に従うように命じ、御家人の葛西清重に平泉の安全を保つよう命じた。こうして中尊寺の存続は約束されたが、後ろだてを失った中尊寺は、以後長く厳しい時代が続いた。建保元年(1213)北条政子の夢枕に藤原秀衡があらわれ平泉寺院の修理をうながしたことにより、幕府は郡内の地頭にその修理を命じたと「吾妻鏡」は伝えている。幕府は正応元年(1288)金色堂を修理し、覆堂(おおいどう)を設けるなど数度にわたる修理を行ったが、しだいに平泉内の寺院は荒廃していった。 
南北朝時代、鎮守府将軍北畠顕家が平泉を管轄した。顕家は藤原清衡の中尊寺建立に対する願意と、往時の伽藍の様子を後世に伝えるべく「中尊寺建立供養願文」を書写し、それが現在に伝えられている。旧鐘楼の梵鐘銘によると建武四年(1337)中尊寺に大きな火災があったと伝えている。 
戦国時代に入ると平泉の諸寺院はますます荒廃が進んだ。豊臣秀吉は小田原北条氏を降すと、続いて東北地方の仕置きをおこなった。この際、秀吉の命令によって中尊寺の秘宝である「金銀字一切経」(きんぎんじいっさいきょう)・「金字一切経」(きんじいっさいきょう)あわせて4000巻以上が京都伏見に運び出され、それが現在「中尊寺経」として高野山や観心寺などに所蔵されている。 
江戸時代、平泉は伊達藩領となった。歴代の伊達家は寺の収入を安堵し、堂社を修理するなど中尊寺をあつく保護した。現在参道ぞいに立ち並ぶ樹齢350年の老杉も伊達藩によって植樹されたもの。山内に点在する堂の多くもこの時代に建立さた。伊達公は能楽を愛好し、古来中尊寺の僧侶により山内の白山神社に奉納されてきた御神事能(ごじんじのう)を推奨し、能舞台を建立して能装束を奉納した。この時代、江戸幕府の寺社政策によって中尊寺は上野の東叡山寛永寺の直末寺となった。  
源義経が平泉に自害し、奥州藤原氏が滅亡して500年目にあたる元禄2年(1689)松尾芭蕉は門人の曽良と2人「奥の細道」の旅に出た、芭蕉46才、曽良41才の春。江戸を発ってから44日後の5月13日細道のはて平泉を訪れた芭蕉は、まず義経の居館があったと伝えられる高館の丘陵にのぼった。丘の頂きに忽然とあらわれるのは束稲山のふもとに悠然と横たわる北上川と合する衣川。そこに往時の栄華はなく、旧跡は田野となってひろがっているばかりだった。 
 夏草や兵どもが夢の跡 
「国破れて山河あり城春にして草木深し」杜甫の句を思い起こしながら芭蕉はしばらく高館に笠を下ろした。続いて中尊寺を訪れた金色堂に参詣した。鎌倉北条氏によって建てられたといわれる覆堂の中で、朽ち果てた金色堂はかろうじて光を投げかけた。 
 五月雨の降残してや光堂 
金色堂を光堂と称したのも、仏と人との間に介在する光と、その光の彼方にある盛衰の歴史に、芭蕉のまなざしが向けられていたからだろう。
 
明治時代以降、金色堂は国庫の補助による数度の修理がおこなわれた。 
第二次大戦後、法隆寺金堂壁画の焼失をきっかけとして文化財保護の機運が高まるなか、「文化財保護法」が制定された。金色堂は国宝建造物第一号に指定され、その他3000点以上の宝物が国宝・重要文化財の指定を受けた。 
昭和25年(1950)金色堂須弥壇(しゅみだん)の内に800年の間安置されてきた藤原四代公の御遺体の学術調査がおこなわれた。調査によって四代公の人種、年齢、死因、身長や血液型など多くのことが解った。多数の副葬品のなか、四代泰衡の首桶から発見されたハスの種が平成10年開花に成功し「中尊寺ハス」として初夏には清楚な花容をみせてくれた。 
昭和37年(1962)破損が著しくなった金色堂に、解体修理がおこなわれた。6年におよぶ緻密な作業の積み重ねによって金色堂は創建当初の輝きを取り戻した。この時、重要文化財である木造の覆堂はその役割を終え、防災・防湿に万全を期して新覆堂が建設された。 
文化財に対する保護体制が整備されるなか、宗教的には比叡山延暦寺より不滅の法灯を分灯し、天台宗東北大本山の称号を認められるなど、中尊寺は東北の宗門においても中心的役割を担うこととなった。
 
後三年の役と奥州藤原氏

 

後三年の役のはじまり  
1051-62年の前九年の役で、もっとも多くの利を得たのは、追討使源頼義ではなく、頼義を助けた出羽の豪族清原武則でした。 武則は朝廷から従五位下鎮守府将軍の官位を与えられ、安倍氏の旧領である陸奥六郡をもその支配下におさめます。 
前九年の役から20年ほど時がたつと、奥羽両国の覇者である清原氏も武則、武貞をへて真衡(さねひら)の代を迎えていました。 この20年ほどの間に清原氏一族の内部では嫡流の権威がしだいに強化され、その他の一族は家人(けにん)のような立場となっていったと考えられています。 そして同時に、清原氏嫡流に対するその他の一族の不満も高まり、「事件」がおこりました。 
当時の清原氏の当主真衡(さねひら)の養子成衡(なりひら)が婚礼を行ったときのことです。吉彦秀武が婚礼の祝賀のため訪れました。 秀武は前九年の役のとき源頼義の下で押領使(おうりょうし)に任じられたほどの実力者で、武則の娘婿でもあった人物です。清原氏一族の長老ですね。 
この秀武に対し真衡は、ひざまづいて祝賀の金を献じさせました。ひざまづくということは真衡が上で、秀武が下という扱いであり、まさに家人のしての礼になります。 さらに記録によれば、このとき真衡は秀武を無視し、囲碁に興じていたとあります。 このような屈辱的な扱いに対し、当然のことながら秀武の怒りが爆発します。 
秀武は祝いの金をその場に投げつけて出羽の本拠地に戻り、兵を挙げました。ここに清原氏一族の「内紛」が勃発することになったわけです。 この内紛には、清原家衡・清原清衡が秀武に呼応して兵を挙げました。家衡は真衡の異母弟、清衡は家衡の異父兄に当たります。 
人間関係がかなりややこしいので整理してみましょう。話は前九年の役にさかのぼります。 
前九年の役のとき、在庁官人でありながら安倍頼良(頼時)に味方した藤原経清という人物がいました。 経清は頼良の娘を妻とし、その間に生まれたのが清衡です。ところが前九年の役で、清衡の父経清は、源頼義によって殺されてしまいました。 その後、清衡の母は、当時7歳の清衡を連れて、父である頼良と夫である経清の仇敵、清原武則の嫡子である武貞の妻となりました。そして武貞との間に生まれたのが家衡です。 清原氏の内紛がおこっていた最中、源義家が陸奥守兼鎮守府将軍として着任してきました。 
義家は前九年の役を平定した源頼義の嫡男です。時に1083年9月、前九年の役の終結から21年目のことでした。 義家は着任当初、清原氏一族の内紛ついては不介入の態度を見せていました。 しかし、清原真衡(さねひら)の留守宅を清衡・家衡の軍勢が襲撃したのをきっかけに、真衡方について、積極的に内紛に介入するようになります。これが後三年の役のはじまりとなりました。 
なぜ義家は真衡の側に味方したのか?理由ははっきりしないのですが、以下のような事実があります。 
真衡の養子である成衡の妻は、義家の異母妹に当たります。 前九年の役のとき、陸奥に下向した義家の父である頼義と多気致幹(たけのむねもと)の娘との間に生まれたのが、成衡の妻となった女性でした。 ですから異母とはいえ、真衡は義家にとって妹の舅に当たるわけです。このような事情から義家が真衡に味方したのではないかと考えられています。 
真衡に味方した義家は、清衡・家衡と戦って、これを破り、降伏させることに成功しました。 
しかし、間もなく真衡が急死してしまいます。 
そこで義家は降伏した清衡・家衡を許し、二人に陸奥六郡のうちの三郡ずつを与え、義家の監視の下、分け合って治めさせることとし、事態の収拾をはかりました。 これによって、清原氏の内紛は一様の決着がついたわけですね。しかしこの「平和」は長くは続かず、やがて後三年の役の「第2ラウンド」がはじまりました。 
後三年の役の展開  
1086年、清衡と家衡の異父兄弟が、清原氏の嫡宗をめぐって対立し、再び争いとなりました。後三年の役の「第2ラウンド」のはじまりです。 
清衡は家衡によって妻子・眷属を殺害されてしまいます。かろうじて難を逃れた清衡は、国守の義家に助けを求めました。 助けを求められた義家は、今度は清衡の味方をして家衡と戦うことになりました。 
義家は大軍を率いて家衡のこもる出羽国沼柵を攻撃しました。沼柵は現在の秋田県雄物川町にあたります。 
家衡は頑強に抵抗し、奥州の寒さもあいまって義家軍は苦戦を強いられることとなりました。 このようすを見た家衡の叔父である武衡が家衡の側について戦いに加わります。 
そして家衡方は金沢柵を新たな拠点として抵抗を続けました。金沢柵は現在の秋田県横手市あたりにあります。 一方、義家苦戦の知らせを受けて、義家の弟の新羅三郎義光が兄を助けるため来援しました。 
弟義光の来援を受けて退勢を挽回した義家は、ついに1087年、兵糧攻めの末に金沢柵を落とし、家衡・武衡らを討ち取ることに成功します。 ここに1083年から続いた後三年の役が終わりました。 
朝廷の対応  
義家は「奥州平定」を朝廷に報告します。しかし、義家の報告に対する朝廷の反応はたいへん冷たいものでした。 朝廷は後三年の役を、「争乱を起こした清原氏を国守の義家が平定した」とは考えませんでした。 
朝廷は義家の功績を認めず、義家の私闘とみなして黙殺します。 
後三年の役は、朝廷の命令なしに義家が勝手に行った私闘、つまりケンカであるという判定を朝廷は下したわけなんです。 
なぜこのような判定を朝廷が下したのか? 
清原氏は朝廷に対する貢賦(こうぶ・納税のこと)を怠っていませんでした。 確かに戦争はしていましたが、その相手は朝廷ではなく、あくまでも「内輪もめ」です。 したがって、「その争いに国家(国守)が介入する必要はない」、というのが朝廷側の論理でした。 
朝廷は、義家の報告をこのように黙殺したのみならず、翌年には義家を陸奥守から解任し、藤原基家と交替させてしまいます。 
もちろん、義家が期待した後三年の役平定に対する恩賞などありません。 義家は、自分のために戦ってくれた武士たちに、自腹を切って恩賞を与えました。 義家にとってはまさに「忿懣やるかたない」といったところだったでしょう。 
しかし、この義家の行為が、逆に武士たちの信頼を得ることにつながり、義家は東国武士たちに「我らが棟梁」と慕われるようになりました。 義家は自分に従おうとする武士たちを積極的に家人としました。また戦いを通じて棟梁である義家(源氏)と家人たちとの関係を確固不動のものとしていったとも言えます。 
後三年の役は、直接的には義家に何の利益ももたらしませんでしたが、源氏の東国での武士の棟梁としての地位を決定的なものにした出来事となりました。この点はいくら強調してもしすぎることはないと思います。 
義家とは反対に、後三年の役においてもっとも直接的な利益を得た者は誰か?それは清原氏のうち、ただ一人生き残った清衡です。 清衡は、清原氏の莫大な遺産である陸奥六郡と出羽三郡を支配し、奥羽の覇者となりました。 そして姓を清原から実父の藤原にもどし、奥州藤原氏の初代藤原清衡となりました。 のちの時代、「北の王者」とよばれ、源頼朝に追われた義経をかくまった秀衡(ひでひら)は、この清衡の孫に当たります。 
奥州藤原氏  
前九年の役(1051-62)と後三年の役(1083-87)の二つの争乱は、奥州藤原氏三代の繁栄と平泉文化を生み出しました。 
現在の岩手県平泉町を拠点とする奥州藤原氏の栄華は、清衡から始まりますが、彼の人生の前半部分は、戦乱に翻弄され続けた日々であったと言えるでしょう。 
清衡は1056年、陸奥国の在庁官人である藤原経清と安倍頼良(頼時)の娘との間に生まれました。 母親の名は、残念ながら伝わっていません。また経清は、平将門の乱の平定に活躍した藤原秀郷の子孫です。 
前九年の役で頼良に味方した父経清は、源頼義によって殺されてしまいました。 
母は当時まだわずか7歳であったという清衡を連れて、亡き夫、そして自分の生家安倍氏の仇敵である清原武則の子、武貞の妻となります。 
彼女は武貞の元で清衡を育てながら、武貞との間にも子をもうけました。これが家衡です。 
清衡は後三年の役の「第1ラウンド」では、武貞の嫡男である真衡に反発する吉彦秀武(きみこのひでたけ)に異父弟家衡とともに呼応して兵を挙げ、真衡に味方する源義家と戦いました。 しかし真衡の死後、清衡は義家と和解します。 
そして後三年の役の「第2ラウンド」で、清衡と家衡の異父兄弟が争いました。義家の助けを得た清衡は、苦労の末に家衡を滅ぼし、ついに奥羽の覇者となります。 
義家が国守の任を解かれ、都へと去っていった後、清衡は実父の姓である藤原に復帰しました。 
清衡の後半生は平穏に包まれたものとなりました。平泉に本拠を移した清衡は、1105年から中尊寺の造営を開始し、それから20余年をへた1126年、中尊寺の落慶法要を行っています。 清衡以降、その子基衡、孫の秀衡は、奥羽最大の実力者として平泉に君臨することになりました。そしてこの一族のことを歴史上、奥州藤原氏とよんでいます。 
朝廷は清衡や彼の子孫が奥羽を支配することをなぜ許したのでしょうか? 
奥羽、つまり現在の東北地方のことですが、東北というと伝統的に「貧しい」というイメージがあるかもしれません。 しかし、当時の都人にとってはまさに「黄金郷」とでも呼ぶべき存在でした。 都人にとっての奥羽は「豊かな土地」だったんです。「東北=貧しい」という図式は、稲作が中心となり、同地がしばしば冷害に悩まされるようになって以後のことなんです。 
当時の東北は、金・馬・鷹・毛皮など、珍しい産物の産地でした。奈良時代に我が国で最初に金が発見されたのもこの地でした。 
そんな豊かな土地であるのに、なぜ朝廷はここを直接支配しようとしなかったんでしょうか? 
一般には、清衡および彼の子孫たちが、朝廷に対する官物や公事を定められた通りに納めるという姿勢を崩さなかったということがその理由とされています。 
つまり朝廷は、「奥羽の富さえ確実に手元に届けば、苦労して直接支配しなくてもよい」という考えであったということですね。 
朝廷は奥羽の人々を俘囚(ふしゅう)と呼んで蔑視しながらも、その武力を恐れていたという面もあったようです。前九年の役における苦い経験がそうさせたのでしょう。 
後三年の役に対する朝廷の無関心ともいえる対応の裏には、「奥羽のことに深入りすると、泥沼化し、朝廷の権威を損なう」という恐怖があったようです。 
このような朝廷の心情を清衡はよく理解していたのかも知れません。官物や公事さえ怠らず納めていれば、−これが朝廷の最大の関心事だったわけですから− 朝廷からある程度の独立を確保できると考えていたのでしょう。 
奥州藤原氏は、朝廷への官物や公事に加えて、院や摂関家など時の権力者個人に対しても馬や砂金などを贈り、信頼を得ることに熱心でした。 
奥州藤原氏が奥羽の豊かな産物を背景に、あるいはそれを道具として、栄えれば栄えるほど、それが面白くないと感じる者たちもいました。それは源氏です。 
清衡が最終的に奥羽の支配権を確立できたのは、どう考えても源義家の功績です。義家の軍事的な援助がなければ清衡の勝利はあり得ませんでした。 しかるに奥羽の富は一人清衡の手に帰し、反対に義家は何も得ることなく、奥羽を去るしかなかったわけですから。源氏が奥州藤原氏に対して反感をもつのも当然であると言えるでしょう。 
この源氏の奥州藤原氏に対する「怨念」が、後の時代になって爆発し、結果として奥州藤原氏の滅亡へつながっていくことになりました。

 


  
出典不明 / 引用を含む文責はすべて当HPにあります。