アボガドの新芽

アボガドに新芽がでる

暖かい冬だったか 葉は枯れず 新芽は5月後半になる
気温と新芽の発芽時期 なんか関係がありそうだ
鉢が小さくなり 根が上端まで埋まってきた


 

2016
暖かい冬だったか あまり葉は枯れないでパリパリになる
枝ぶりに 鉢が小さくなったため 鉢の中で根が鉢の周囲に添って反転か 
ちょっと土の表面を掘ると 根の先端が見える
 
 5/18
5月になり新芽が伸びる
小さな葉が開く
パリパリの古い葉を切り落とす
( 習慣で茎部を残して葉のみ切り取る 茎部は乾燥して自然と枝から落ちる )
 5/20
 5/24
 
 5/30
 6/5
5/30-
3-4年前の茎跡あたりに 1-2mmの小さな葉のような新芽 何か所か見つける
普通 赤みを持った葉も 成長するに従い緑になる
今年は赤みを持った葉が なかなか緑にならない
発見
新しい葉の何枚か 葉の一部が黒くなり そこから葉に黒い浸食が広がる 
何かの病気かと思っていた
茎が枯れるまで 茎の先端から樹液が出ているようだ
葉の黒ずみと 茎の先端の位置関係が一致
接触が僅かな時は 黒ずみはなく 葉に虫食いのような穴になるようだ
新芽から6枚の葉が出る
不思議と必ず1枚は丸みをもった葉となる
6月下旬
赤みを持った葉も ほぼ緑になる
冬場 風向きで揺すられるので 壁側に向けてあった位置か(陽が当たらない)
 
2015
気がつけば この2−3年 新芽は1年に1回ひと節しかでないことを知る 
最初のころは 次から次と新芽がでて 枝も伸びました
 
  2015/5  
 
2007
何となく食べたアボガドの種を土に埋める  
発芽 あっという間に背が伸びる
  2007/10
 


 
2016/5-