60年安保闘争

連日の 安保法制のニュース  
ふと60年安保闘争を思い出す 
 
翌年の1961年冬 大学入試に参加 
意匠学科 不合格 
映画学科 試験合格 二次の面接で不合格 
染色学科 合格 
写真学科 合格


 

 
意匠学科 不合格 
筆記試験に合わせ実技試験あり 実技はお粗末 当然の結果でした
 
 
 
映画学科 試験合格 二次の面接で不合格 
面接の問いかけ 「あなたの好きな政治家は?」  「ケマル・アタチュルク」 
安保闘争の後とはいえ 学生運動真っ盛り 嫌われました 
( 世界史で特に興味が深かっただけ 世の中の時勢とのかかわりなど無頓着でした )
 
 
 
染色学科 合格 
家業は染物屋 家からの通学 
とはいえ東京へどうしても出たかった 
入学金を払い 他の写真学科も受ける
 
写真学科 合格 
短大であることを伏せ 「写真学科」に受かったと母に 東京に出る 
すぐに普通大学でないことがバレ 母は半年ほど口をきいてくれなかった
 
 
  
先生との出会いは 私の宝物
 
 
 
生活費 僅かな仕送りと奨学金 
先生の計らい  助手の先生を補佐するアルバイトに就く  
一日中実験室で過ごす 
学術書・外国文献の調査 実験理論 実験などイロハから教わりました
 
先生に就職先を紹介していただきました 
1964年 印刷業界に入る 
1966年 ヨーロッパ・ベルギーへ1ヶ月ほどの研修旅行 外国人を知る機会に恵まれる
 
先生に仲人になっていただきました
 
「ケマル・アタチュルク」 に感謝 
その後のテレビ業界の拡大 映画業界の衰退 
衰退産業に就職していたかも
  
  
  
東京に出てすぐ 何でも経験と 一度だけデモに参加したことがある 
途中で怖くなり逃げ帰る
  
実験室の経験  社会人になっての商品開発スタイル 
とことん下調べ そして思考実験で可能性を考える 
アイデア開発のスタート
 
 

 
2015/7