企業再生「猿まね」の勧め

「猿まね」は日本の文化です 
不景気 景気低迷 
元気な企業の原点を もう一度「猿まね」しましょう 
 
日本になければ 
韓国 中国に学びましょう


  
「猿まね」は起業の原点でした 
「まねて」初めて特徴利点 違和感欠点を実感し 
改良や飛躍から 
日本の歴史・文化が加味され昇華され 
新しい商品・システム・市場が創造されてきました 
  
「猿まね」だけでは 当然失敗します
 
 
 
 
 
 
繊維産業は衣料産業へ進化 
工場は東南アジアへ行ってしまいました 
本当に安い労働力を求めてのことだけだったのでしょうか
 
  
  
  
  
  
  
  
  
職人技と言いながら後継者がいなくなりました 
背中を見て知る教育文化がなくなりました
 
  
  
  
  
品質管理 「乾いた雑巾を絞る」 
全世界へ広まりました 
絞るだけの限界でしょうか
 
  
  
 
  
高速輸送システム 
安全神話記録の更新中
 
  
  
  
  
iPad PC本体はただの道具であることを証明しました 
ソフトの進化は無限のビジネスチャンスです 
道具はソフトに「仕える」ものです 
(大昔 道具が「国民標準機」とバカなコピーをPRしたことがありました)
 
  
  
  
少子高齢化 
人口減少 
購買絶対量の減少
 
10万人の大企業 :経営再建1万人1割の人員削減 
一見合理的に見えますが 
日本の人件費単価は世界トップクラスです 
解雇しないで 人件費全員3割カットも選択肢です 
「人を大事にする」ことが 日本の企業文化ではなかったのでしょうか

 
2012/4