山崎パンの女の子

街を走るトラック 山崎パンの女の子 
いま何歳になったのだろう 
 
最初のカラー印刷に関わり 見るたびに懐かしく思う


 
昭和の40年代中頃 ? 
山崎パン・女の子のカラー印刷に関りました
  
印刷は三谷工芸社(後の三谷電子工業>ミタニマイクロニクス) 
社長さんは昔福岡で教師だったとのこと 
私はAgfa・VeriMaskで製版・色分解をお手伝い
  
シルクスクリーン印刷を初めて知りました 
スクリーン線数は60-70線/inch オフセット印刷から見れば大変荒いものでした 
ハイライトの調子が出ず困ったものでした
インクは耐光性のある3Mのものでした 
当時 カラーキー(簡易カラー印刷校正フィルム)しか知りませんでしたが 
3Mの技術力の広さを知りました
ポスターだったかステッカーだったか 
記憶は定かでない 
パンをくわえた女の子の無邪気な印象がのこる
ヤマザキのトラックに描かれている女の子は実在の人物ですか? 
その女の子は「スージーちゃん」という名前で、1966年からシンボルマークとして使用しています。「スージーちゃん」は実在の人物で、当時3歳ぐらいで東京に住んでいたかわいい女の子でした。  

 
2011/8