いやつぎつぎの花さかり

目の前の花を 目いっぱい楽しみましょう 
次の花を楽しみに 次の花を用意しましょう 
 
咲けば散り散れば咲きぬる山桜 でも何時かは散ります 
咲いたままの花もありません 
造花 ドライフラワーは花ではありません 
常に現実を忘れてはいけません


  
咲けば散り散れば咲きぬる山桜 いやつぎつぎの花さかりかな 
素直に楽しむ目いっぱい楽しむ 
楽しんだらギアチェンジ 次を楽しむために頑張る 
楽しみをとっておく
  
時の移ろい
 
 
 
 
 
運命や不勉強驕りの果ての 
儚さ無念さの引き合いに桜では 
桜が可愛そうです
 
閑かなる時世に花もおくれじと 先づ咲きそむる山桜かな
 
それ辞世さる程さてもその後に 残る桜の花し匂はば
 
さざなみや志賀の都は荒れにしを 昔ながらの山桜かな
 
咲きしより今日散る花の名残まで 千々に心のくだけぬるかな
  
陽風に梅も桜も散りはてて 名にぞ残れるみわの郷かな
 
世の哀れ春吹く風に名を残し おくれ桜の今日散りし身は
 
あす散るも 色は変わらじ山桜
 
散る桜 残る桜も散る桜
 
友を得てなおぞうれしき桜花 昨日にかはる今日のいろ香は
 
散るをいとふ世にも人にもさきがけて 散るこそ花と吹く小夜風
 
すがすがし花の盛りにさきがけて 玉と砕けむ大丈夫は
 
世の中におしまるる時死にてこそ 花も花なれ色もありけり
 
願はくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月のころ
 
風さそう花よりもなお我はまた 春の名残をいかにとやせん 
 
雪の上に春の木の花散り匂ふ すがしさにあらむわが死顔は
 
吹くとふく風な恨みそ花の春 もみぢの残る秋あればこそ 
 
誘ふとて何か恨みん時きては 嵐のほかに花もこそ散れ 
 
さらばなり苔の下にてわれ待たん 大和島根の花薫るとき
 
あだに見よたれも嵐のさくら花 咲き散るほどは春の夜のゆめ
 
動かねば闇にへだつや花と水
 
風さそう花よりもなほ我はまた 春の名残をいかにとやせむ 
  
限りあればふかねど花は散りぬるを 心短き春の山風 
 
散りぬべき時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ
 
武士の生き様 潔さもありますが
  
こんな土に戻れたら幸せかも 
桜満開 小高い丘の墓 
春の陽か桜日傘に目を瞑り 知らぬ阿弥陀に道を訊きたい
桜散る風に背を向け目を瞑り 縁者亡者のささやきを聞く 
花吹雪右に左と肩揺すり 倶生神はと手をさしのべる 
春の陽に肩のお神に子守唄 閻魔いぶかる夢見の話 
善事なし暇な毎日悪事なし 倶生つきあう無事な一生

 
2009/4  
 
春の陽に桜日傘で目を瞑り 知らぬ阿弥陀に道を訊きたい
春の陽か桜日傘に目を瞑り 縁無き弥陀に道案内(あない)乞う 
春の陽に桜日傘で目を瞑り 縁無き弥陀に道案内乞う 
春の陽に桜日傘で目を瞑り 知らぬ阿弥陀に道案内(あない)乞う